NEWS

ミシンでマスク作り☆リメイク編☆

STAFFブログ

こんにちは。

ハンドメイドコースの石田です。

自粛も解禁になり、少しづつ日常に戻っていってますね。

とはいえ、まだまだ油断はできません。

暑い季節のマスク装着を思うと、現時点でも汗が出てきますが、

少しでも快適にいきたいものです。

 

というわけで、夏におすすめの薄手のマスクのご紹介です。

 

ご存じのとおり、布マスクはウィルスを防ぐわけではありませんが、咳エチケットとしては有効です。

生地はアベノマスクのようにガーゼ生地が主流ですが、生地が厚いのでやはり息苦しいですね。

そこでおススメの生地は「ブロード」。

薄くて目が詰まっているのでマスクにぴったりなんです。

そしてこのブロード、おなじみカッターシャツの生地なんです。

着なくなったシャツで、レッツリメイク!してみましょう。

 

 

さて登場しましたのは、10年選手のシャツ。1年に2回くらいしか着ていなかったのですが、ここらでお役御免です。

材質は綿とポリエステル。

綿は吸収性がよく、肌触りがよいです。

ポリエステルはしわになりにくく、乾きが早いです。

もちろん、綿100%、ポリエステル100%でもオッケーです。

 

型紙を置きます。

前後ろ2枚合わせてカットすると1ペアになるのでおススメです。

 

こんな感じ。

 

ザクザク行きましょう。

袖も使って。

最初にカットした生地を型紙として使うと、生地同士なじむので、紙の型紙よりもカットしやすいですよ。

 

 

さあ、ミシンで縫いましょう。

我が家のミシンは相変わらずフル稼働です。

 

完成です。

 

ついでに他のシャツもリメイクしました。

チェックの生地は夏の綿ブレザー。白はダンガリーシャツをカットしました。

リネンのシャツもいいですね。

口にあたる部分も同じ生地でオッケーです。もちろんお好みでガーゼも使ってください。

薄すぎてたよりないと思ったら、間にもう1枚入れて、3枚で縫ってみてください。

 

ハンドメイド作家コースの教室に見本をおいてますので、参考にしてください。

 

お気に入りだけどもう着なくなったお洋服で、ぜひリメイクしてみてくださいね。

 

そうそう、ボタンはとっておいてください。これもハンドメイドの材料として使えるんですよ。

ボタンのリメイクもまたご紹介しますね(^^)v